旦那が淋病に。原因は私にありました。

それは、旦那のどきっとする一言から始まりました。
「なんか昨日から、あそこが痛くて、膿が出てるんだよね」

私は、カンジダになりやすい体質で、以前旦那にカンジダをうつしてしまったことがありました。
私は「また私がカンジダうつしちゃったのかな?」と言いました。

実際はその時、カンジダの症状は出ていなかったのですが、性病の心当たりがあったのです。
旦那はその日、泌尿器科へ行きました。医師からは、カンジダの可能性はないだろうと告げられたそうです。

検査結果は1週間後に出ますが、念のため今日から1週間分の抗生剤を処方してもらっていました。
原因は私だなと思ってはいたのですが、旦那におそるおそる聞きました。

「性病の心当りとかある?」旦那はすぐに否定しました。
抗生剤を飲み始めると、みるみる旦那の症状は良くなっていきました。

これは薬が効いたということでしょう。
検査結果は、「淋病」でした。

もちろん、私もすぐに婦人科を受診し、淋病の検査をしました。
数日後の結果はもちろん淋病。旦那と同じ抗生剤を1週間飲みました。

私の場合は、旦那とは違い、明らかな症状はありませんでした。
ただ思い起こせば、性病に感染したと思われる行為の数日後、尿をするときに少し痛みがありました。

でもそれも激痛ではなく、なんか痛いなという程度で、2日くらいでおさまったのです。
「淋病」は、男性も女性も症状が出ないことがほとんどだそうです。

もし、旦那に症状が出なかったらと思うと、とても怖いです。
そして、安易に他人と性行為をしてしまったということを反省しました。

旦那は、私のことを疑わず、公衆トイレでうつったんじゃないかと言っていました。
しかし、医師も言っていたように、公衆トイレや温泉などで感染することは滅多にありません。

可能性はゼロではありませんが、ほぼゼロに近い確率だそうです。
早期発見できれば、飲み薬で簡単に治療することができるので、もし疑われるような行為をしてしまったら、パートナーのためにも迅速に検査をすることをお勧めします。

2015年3月21日 コメントは受け付けていません。 性病体験談