クラミジアに感染したと思ったら早い目に病院に相談

クラミジアは、急増していると言われている最も多い性感染症です。
日本国内では、正確の数はわかりませんが、推定で100万人ぐらいと言われています。

どのように感染するかと言いますと、性行為です。
共有のトイレや、お風呂を使用したからと言い感染する事はありえません。

もし、女性がクラミジアに感染しても、自覚症状があらわれない事も有ります。
どのような症状かといいますと、おりもののが増えたり、おりものの色が白色か黄色の水っぽいおりもの。ひどい症状だと、下腹部の痛みがあったり、不正出血、性行為の時の痛みを感じることも有ります。

男性がクラミジアにかかりますと、自覚症状があらわれない場合も有ります。
症状がある男性では、排尿時の時のかゆみ、性器の違和感や尿道のかゆみ、尿道が熱を持ったような感じ、水っぽいとか白色のサラサラした膿のような分泌物です。
これらの上記のような症状の場合は、初期症状と思ってください。

性行為をする時には必ずコンドームを使用することをお勧めします。
でも、覚えていて欲しいのは、コンドームをつけても万能ではありません。
性病の病気はクラミジアだけでなく、他にもあるのです。

性病の感染経路は、血液、精液、膣の分泌液、唾液等の分泌により感染します。
クラミジアは、オーラルの性行為でも感染します。

性器だけでなく、喉にも感染する性病も増えているのです。喉ではあまり症状が感じられない人がほとんどですが、症状のある場合は、喉の違和感、喉の腫れです。喉に感染している人ほとんどが、風の症状と似ている為、風邪と勘違いしている人が多いです。

クラミジアにかかっているのかどうかの判断は検査によって簡単にわかり、治療方法は、抗生物質や抗菌剤を使用です。又、病院に行くのが恥ずかしい等で治療せずに放置していると体の中まで感染が広がる場合も有ります。もし病院に行く事に抵抗があるならば、ネットで性病検査キットなども販売されているので早めの検査しましょう。

子宮内膜炎や卵管炎になったり、流産や早産の原因にもなるのでもし、性器に少しでも違和感があった場合は早い目に産婦人科に相談する事をお勧めします。

性器ヘルペスのもっとも効果的な治し方とは?

性病のなかでは、かかっている人が実は結構多いと言われている性器ヘルペスを持っています。
性器ヘルペスは一度かかってしまうと、ウイルスが死滅することはありませんので、一生性器ヘルペスウイルスを持ち続けたままだと言いますよね。

そして、ちょっと体調が悪かったりすると、陰部に性器ヘルペスの症状があらわれてくるのですよね。または、陰部がかぶれていたりしますと、下手をすれば性器ヘルペスの症状がそこからでてきてしまったりということもあるのです。

ですから、ざっくりと言えば、口唇ヘルペスと同じようなものだと思ってもいいのかも知れません。
口唇ヘルペスも性器ヘルペスと同じように、ちょっと体調が悪かったりしますと、ひょっこりできてしまいますからね。実は現在のパートナーが口唇ヘルペス持ちなのです。

けれどもハッキリと言ってしまえば、性器ヘルペスよりも口唇ヘルペスの方が軽いですよ。
性器ヘルペスは、本当に痛かったりしますからね。
また、場所が場所だけに常に気になってしまったりもするのです。

「でも、口唇ヘルペスと違って見えないからいいじゃん」と思われるかも知れませんが、いやいやどうして。見えなくっても、痛さや不快感は倍以上違っていますから。
性器ヘルペスは、状態が悪いときはボカボカに腫れ上がったりしますからね。

そして、一生治らないという憂鬱感は、まあハンパないものがありますね。
私の場合、既にかれこれ10年以上のお付き合いになっていますから。
ですからこそ、治癒方法については一こと言いたいことがあるのです。

それは「軟膏よりもドライヤーの方が治りが早い!」ということです。
どういうことかと言いますと、性器ヘルペスの症状が出た場合、皮膚科にて軟膏や痛み止めなどの錠剤が出される場合もあるのですが、それよりもドライヤーで患部を乾燥させる方が、格段に治りが早いのですよね。

実はこれは、風俗関係者の方に聞いた性器ヘルペスの治し方なのですが、ハッキリ言ってものすごく効きました。性器ヘルペスの症状があるときは、トイレに行った後は患部をドライヤーで乾燥させるのです。

そしてできればノーパンで過ごすとモアベターですね。
とにかくジュクジュクになりがちの患部から水分を奪うことがもっとも治りが早いのですよね。
律儀に軟膏を塗るよりもこの方法の方が早く治るので、今ではすっかりこの方法です。助かっています。