旦那が淋病に。原因は私にありました。

それは、旦那のどきっとする一言から始まりました。
「なんか昨日から、あそこが痛くて、膿が出てるんだよね」

私は、カンジダになりやすい体質で、以前旦那にカンジダをうつしてしまったことがありました。
私は「また私がカンジダうつしちゃったのかな?」と言いました。

実際はその時、カンジダの症状は出ていなかったのですが、性病の心当たりがあったのです。
旦那はその日、泌尿器科へ行きました。医師からは、カンジダの可能性はないだろうと告げられたそうです。

検査結果は1週間後に出ますが、念のため今日から1週間分の抗生剤を処方してもらっていました。
原因は私だなと思ってはいたのですが、旦那におそるおそる聞きました。

「性病の心当りとかある?」旦那はすぐに否定しました。
抗生剤を飲み始めると、みるみる旦那の症状は良くなっていきました。

これは薬が効いたということでしょう。
検査結果は、「淋病」でした。

もちろん、私もすぐに婦人科を受診し、淋病の検査をしました。
数日後の結果はもちろん淋病。旦那と同じ抗生剤を1週間飲みました。

私の場合は、旦那とは違い、明らかな症状はありませんでした。
ただ思い起こせば、性病に感染したと思われる行為の数日後、尿をするときに少し痛みがありました。

でもそれも激痛ではなく、なんか痛いなという程度で、2日くらいでおさまったのです。
「淋病」は、男性も女性も症状が出ないことがほとんどだそうです。

もし、旦那に症状が出なかったらと思うと、とても怖いです。
そして、安易に他人と性行為をしてしまったということを反省しました。

旦那は、私のことを疑わず、公衆トイレでうつったんじゃないかと言っていました。
しかし、医師も言っていたように、公衆トイレや温泉などで感染することは滅多にありません。

可能性はゼロではありませんが、ほぼゼロに近い確率だそうです。
早期発見できれば、飲み薬で簡単に治療することができるので、もし疑われるような行為をしてしまったら、パートナーのためにも迅速に検査をすることをお勧めします。

自分が浮気などしていなくても性病をもらう

出会いのサイトを利用したり、風俗などで不特定の異性と性交渉を持っていれば、性病に対する危機感を持ったりもするでしょうが、彼女や妻などの特定の異性としか性交渉していなくても性病をもらったりします。

理由としては相手がこっそり浮気をしたいたりすると、間接的に性病をもらってしまうわけです。
相手を常に疑うというのも悲しいことですが、自分の身は自分で守らなくてはなりません。

私自身当時付き合っていた彼女から淋病という性病をもらったことがあります。
もちろん私は浮気などしておらず、彼女の浮気が原因なわけですが、性交渉をしている限りこういう危険性があるということです。

ではその対処法ですが、傷口だと消毒液を塗れば治りますが性病は自然治癒しません。
お医者様(男性なら泌尿器科、女性なら産婦人科)に行って診療してもらえば、その症状にあった薬を処方してもらえると思います。

ここで要注意なのが、男性は基本的に性病にかかると症状が出ます。
オシッコをする時に尿道にかゆみが走ったり、だんだんそれが痛みに変化したりします。

淋病などでは、そのうち性器の先から膿のような分泌物が出るようになり、下着が汚れてくるなどの自覚症状が現れます。

この自覚症状のおかげで、病気の進行が進む前にお医者様に見てもらうので(淋病だと痛すぎて日常生活が送れないと感じるほどです)、体に重篤な影響を及ぼす前に完治してしまうことがほとんどです。

しかし女性は男性と違い、痛みなどの症状がでないものがほとんどです。
クラミジアなどは完全に症状がでませんし、淋病は独特のにおいがするのですが、女性の性器付近は基本的に臭いがきつかったり、オリモノの関係で相当な臭いがすることもあるので、臭いはしていても自分ではわかりにくいものなんです。

感染源である男性や移してしまった相手から、性病の話をしてもらえればわかるのですが、そういったことがないと気づかず、病気が進行してしまうことが多いです。

それが不妊症の原因になったりするので、性交渉の際は気をつけて欲しいと思います。